ハーブの普及と伝搬

14世紀のヨーロッパで、高い致死性を持っていた事や罹患すると皮膚が黒くなる事から黒死病と呼ばれ、恐れられたペストの大流行により、当時のヨーロッパの約三割にも登る人々が命を落とした際、ハーブの知識によって大勢の人々を救ったとされています。 当時、セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けておいたものを飲ませたり、身体に塗るとペストの感染を防ぐとされていました。現代になってからの研究によると、これらのハーブには抗酸化性が強く、免疫力を高めることが分かっています。 中世ヨーロッパでは、ハーブなど薬草の知識を持つ人々がハーブを魔よけなどに使うことを不気味に感じ、魔女狩りなどで弾圧されました。 キリスト教信者たちが、他宗教信者がハーブの知識などで人々を救い、それによって注目されたことへの反動で、後にこれらの賢者たちを弾圧したのが魔女狩りの本当の理由だという説もあるようですが、真偽のほどは定かではありません。 このように、ハーブの知識は古代ローマから距離的に離れ、なおかつローマ教会、いわゆるカトリック教会の影響が少なかったイギリスに残ったのではないかと考えられています。

ハーブの知識は、イギリスからヨーロッパやアメリカに伝えられたようです。ヨーロッパに伝えられたハーブの知識は、移民などを介して北米大陸の先住民たちにも伝わったためか、北米大陸の先住民たちの用いるハーブにはヨーロッパを原産とするセージが含まれていることもあるようです。 おもしろいことにハーブの歴史は様々な製品の語源にもなっているようです。例えば、石けんという意味のソープの語源は、ハーブの1種であるナデシコ科の「ソープワート」に由来しており、全草から採取されるサポニンを煮出して使用していたことから名づけられたものです。 また、フランス語のサボン(savon)も、ソープワートから由来している言葉で、日本でも昔石けんのことをシャボンと呼ばれていたことにもつながっています。 1969年にドイツから日本に初めて紹介されたハーブは、当時「フラワーティー」と呼ばれ、ハイビスカスの花が最も人気があったようです。




医療保険は結構身近な生命保険商品です。手術や入院したときには考えてしまう保険にこの医療保険があります。入院した時にはしっかり治療したいものです。入院にも金が必要です。多額の医療費です。治療費等を医療保険でしっかりと確保します。医療保険では長期入院には多い金額が給付されるタイプのものもあります。医療保険の比較をするとその差がよくわかります。
医療保険best|保険比較
http://www.weidner-pi.com



生命保険にはいろいろと沢山のマスコミ報道が行われています。様々な保険会社が生まれたことで保険料がずっと安く設定された保険も営業されるようになってきました。その生命保険についての流れを理解するのはかなり苦労することなのです。インターネット生保を考えましょう。-
生命保険や医療保険の見直し等は面倒なことです。誰もが悩みます。生命保険や医療保険などをチョイスするのは結構大変なことです。価格見積りが保険ショップでは自由にできるようになっています。生命保険や医療保険選びをすることは簡単になっています。さて損害保険会社の所得補償保険も検討してみましょう。保険ショップの使い方も重要な注意点です。
保険ショップ|保険の入り方
http://www.sivsc.jp


生命保険選びの問題は悩ましいことです。しかしながら生命保険を比べることについて安直に考えてもいいのではないでしょうか。保険代理店が変わってきています。気が付くと保険ショップが色々なところに生まれました。ほけんの窓口が店舗数を増やしました。のぞいてみましょう。-